高速道路に載る前に最低限知っておくべきこと

 
高速道路は信号や交差点がない文字通り高速で走ることが出来る道路のことです。
これは別名自動車専用道路とも呼ばれ、自動車と自動二輪だけが通ることができる専用道路で、自転車や歩行者や原付などは通行できません。

 
この道路への乗り降りはインターチェンジやジャンクションと呼ばれる場所からしかできません。基本的には有料の道路ですが一部無料もあります。
また一般国道で自動車専用道路というところもありますが、ここは最高速度は60キロメートルとなっています。

 
それぞれ車が高速で走るように設計されているので、路肩などに車を止めることは禁止されています。故障等でやむを得ない場合は事故にならないように発炎筒などで後続車に知らせる義務があります。
それぞれ道路ぞいにサービスエリアやパーキングエリアというものがあります。明確に定義されてはいませんがサービスエリアのほうが駐車場など大きい場合が多く、トイレやコンビニやレストラン、ガソリンスタンドなどがあります。

 
パーキングエリアにはトイレや自動販売機といったものがあります。
どこでどのようにつながっていて、どこにパーキングエリアなどがあるか事前に調べておきます。また渋滞するような場所も調べておくといいでしょう。